日々いろんな事があるけど いつも笑顔でね!  vanilla's houseに好きがいっぱいを目指して♪
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20071108215133
5月2日 永眠

8歳の誕生日を目の前にして、天国へ旅立っていきました
腎不全でした



あまりにも突然の出来事
何が起きたの?わけがわからないまま亡くなってしまいました

食欲がなく調子が悪そうなのでみてもらった時は
点滴で治療

それでも回復せず
2日後、仕事が終わってから連れて行った時に伝げられたのは
これは普通じゃない血液検査をしましょう

「命が危ないよ」

エ?なんで?

検査をしている間も先生から説明を受けている間も
突然の告知に涙がとまらなくて
いなくなってしまうかもしれないなんて考えられなくて・・・

治療をするため緊急入院
一人で帰ることになった車の中で号泣
こんなになるまで気付いてあげられなくてごめんね、ごめんね



少しでも良くなることを願って入院することにしたのですが
良くなることはありませんでした
家で看取りたいとお願いしておいたので
病院から電話があって迎えに行った時に見た
前日より衰弱したプリュムの姿
信じられませんでした

家に戻ってきて触れようとすると
体力は限界なはずなのに苦しいのに
恐い顔で「シャー」

「どうしてぼくを一人にしたの」
「なぜこんな痛いことするの」

そうよね。ごめんね。
辛かったね、許してねと謝ることしか出来ず泣けてきちゃって

こんなことだったら入院させなきゃよかった…
弱った体に針を刺すことはせず
ずっとそばで見てあげれば良かったと後悔するばかり
腎臓の病気は進行を遅らせることは出来ても良くなることは出来ない病気
悪くなった腎臓はもとにはもどりません



以前にもお話したことがありますが
購入した時から皮膚病・耳ダニがいました
皮膚病は薬を飲んでも広がっていくばかりで
とうとう最終手段として使う強いお薬を飲みました
内臓に負担になると説明を受けましたが
その時は、目の前の病気を治すことが優先でした
子猫にはかなり負担だったと思います
でも、それからは特に病気もせず
病院へ行くのは予防接種だけの健康優良猫ちゃんだったのです



49日を迎えた時、
メソメソしてばかりじゃダメだねと思ったけど
ふわふわのプリュムを抱きしめたい
スリスリしにきてほしい
頭をなでてあげたい
ごはんまだ?とちょこんとすわっていたり
におい嗅がせて~と来るプリュムを思い出して
涙があふれてきてしまう


本当のことを言うと、まだまだダメなんです。
先日、どうぶつ健保でお世話になっていたアニコム損害保険さんより
お悔やみのお言葉とかわいいお花をいただいた時も
そのお気持ちが嬉しくてポロリ
ダメです。思い出すと泣いちゃいます。



初めて出会った時、トイレの猫砂の上に隠れてたくらい臆病な子
人を避けてるようでゴロゴロとのどを鳴らして甘えて
病院で心音を聞くときものどを鳴らして先生にビックリされたっけ
そんな子だったからいつもまったり過ごして
家の中を荒らすこともなく本当にいい子でした
そして、とってもハンサムなプリュムくんでした



vanilla's houseに遊びに来てくださるブロガーさんは
プリュムのおかげで知り合うことが出来た方ばかり
ママのお手伝いをしてくれてたんだね ありがとうね

そして、皆様にはいっぱいいっぱい愛情をいただき
かわいがっていただきました
本当に感謝しています。ありがとうございました。


「いい子だね」
「大好きだよ」
「ありがとうね」
何度も声をかけました
そして、私の腕の中で息をひきとりました
きっと聞いててくれたと思います


写真を立てて猫缶とおもちゃを置いて祭壇をつくり
たくさんのお花で囲んであげました
そうしているうちに心が落ち着いてくるんです
とっても不思議でした

お葬式は亡くなった人だけのものでなく
残された人たちのものでもあり
心の整理をする場でもあるのだと思いました

遺灰はないので
とっておいた乳歯を祭壇に置いて
「ぷーちゃん、行ってきます」と声をかけてます


愛してるよプリュム


02682-2010


元気だった頃の姿、良かったら見てください
↓↓↓

テーマ:ねこ大好き - ジャンル:ペット


| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 vanilla’s house ~simple is best~, All rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。